MM小説「フェア・ゲーム」シリーズの読む順番や面白さをご紹介!

MM小説「フェア・ゲーム」シリーズの読む順番や面白さをご紹介!

フェア・ゲームシリーズとは

※この作品はメンズの恋愛小説です。苦手な方は読まないことをおすすめします。

フェア・ゲームシリーズとは、著者ジョシュ・ラニヨンが書いたMM Romance(通称MM)翻訳小説です。

簡単にいうとゲイ同士の恋愛小説なんですが、このシリーズは他のMM小説とは一味違い、本格ミステリー要素も加わった小説です。

全3巻で完結済みなんですが、今までのMM小説にはないしっかりとしたミステリー要素が入ってる面白さで、日本で出版されたと同時に大人気シリーズになりました。

人気作家の三浦しをんさんが、あとがきで絶賛するほどの面白さです。

今回はフェア・ゲームシリーズをご紹介いたします。

著者ジョシュ・ラニヨンの作品一覧は以下でご紹介しています。

→ジョシュ・ラニヨンの作品一覧

ジョシュ・ラニヨンの大人気MMシリーズ「アドリアン・イングリッシュ」については、以下でご紹介しています。

→アドリアン・イングリッシュシリーズをご紹介

フェア・ゲームシリーズの登場人物

大学教授のエリオット・ミルズ

元FBI特別捜査官のエリオットが主人公です。

30代短髪で眼鏡をかけ、女子生徒から人気がある整った容姿をしています。物語の中では頑固な一面もあって、少しひねくれている人物かもしれません。

彼はとある事件で膝に銃弾を受けて骨を砕かれてしまい、捜査官としても足が不自由となってしまいました。

歩行ができるようになったのですが、捜査官として活躍ができないとなってからはFBIを辞職しました。現在は大学で歴史専門の教授をやっています。

FBI捜査官のタッカー・ランス

エリオットの元恋人であるFBI現特別捜査官のタッカーです。
エリオットより2個下で、FBI時代に付き合っていました。

赤毛で、細身のエリオットよりもガッチリとした体格をしています。
物語の中でもエリオットが絶賛するほどの体格で、エリオットはタッカーのことがよほどタイプだったんだなと伺えます。

彼らの出会い

彼らはFBIで出会い、お互いに一目惚れから関係が始まりました。

しかしFBI時代はセフレのような関係で、お互い深い関係にまで発展できませんでした。そこで、エリオットが事故原因でFBIを去ります。

そこから2年ほど交流がなくなり、1巻のある事件にて再会を果たします。

フェアゲームシリーズの読む順番

No, タイトル 出版年数 Kindle価格
1 フェア・ゲーム 2013年 ¥792
2 フェア・プレイ 2016年 ¥990
3 フェア・チャンス 2020年 ¥1,188

1巻 フェア・ゲーム

あらすじ

元FBI特別捜査官で現在は大学で歴史を教えるエリオットの元に、失踪した学生の捜索依頼が持ち込まれた。

捜査協力するFBI捜査官を前にエリオットは動揺を隠せない。そこには一番会いたくない、けれど決して忘れられない男、タッカーの姿があった。

タッカーはかつてのエリオットの同僚で恋人。17ヵ月前、

膝を砕かれ失意の底に沈んでいたエリオットに、冷たく背を向けた男―。

エリオットとタッカーが再会する巻です。

二人とも険悪なモードから話は始まるんですが、捜査協力をし始めた時からお互いが歩み寄り始めます。

どこまで相手に踏み込んで良いのか、悶々とするエリオットがとても可愛いです。

物語はエリオットの視点で進むので、読者的にタッカーの印象は良くありませんが、タッカー側の気持ちがラストで垣間見れます。

そこが一番の見どころだと思いますので、ぜひご覧ください。

2巻 フェア・プレイ

あらすじ

FBIの元同僚で恋人のタッカーと過ごしていたエリオットは、深夜実家焼失の知らせで叩き起こされた。

火事は放火だった。父・ローランドには回顧録の出版をやめろという脅迫が来ていたという。

エリオットはローランドを家に避難させるが、散歩中をクロスボウで狙われる―。

タッカーは珍しく携帯の電源を切り、家に帰ってこなかった。

彼は何かを隠している…。待望の「フェア・ゲーム」続編!!

今回はエリオットの父ローランドが、関連する事件です。

ローランドの自伝、回顧録の出版に対して、ローランドに脅迫の手紙が届きます。

どうやら回顧録が世に出ると不味い理由があるようで、それによってエリオットとローランドが住んでいた家が火事に遭います。

そして何故かローランドが突如姿を消します。

ローランドは一体何を隠しているのでしょうか?

今回の事件も中々読み応えがあり、エリオットとタッカーの関係も深くなっていくので見逃せない巻です。

3巻 フェア・チャンス

あらすじ

エリオットが勤務する大学で起きた連続殺人事件。

かつての同僚で収監中の連続殺人犯・コーリアンから接見を許可されたエリオットは、共犯者の存在をほのめかされた。

犠牲者の頭部がみつかっていないその事件にはまだ謎が多く残っている。

共犯者を探すエリオットは、殺人者だけが招待されているというパーティに参加し、調査を進める。

だが休暇をとって実母の家に向かった恋人のタッカーと連絡が途絶えた。タッカーは一体どこに―!?

人気シリーズAll’s Fair、完結編。

ついに最終巻です。

今回は、1巻で捕まった犯人とエリオットがバトルします。

犯人には共犯者がいるようなのですが、ある時その共犯者によって、タッカーが誘拐されます。

犯人は独房にいるはずなのに、なぜ共犯者と協力することができるようです。

その証拠にタッカーの足取りが掴めません。

最終巻に相応しく、これまで以上に危機迫った状況に置かれるエリオットとタッカーですが、二人は無事でいられるのでしょうか?

また、エリオットとタッカーがいうフェアな関係とは、どういう関係なのかも見物です。

フェア・ゲームシリーズはここが面白い!

面白さ①エリオットとタッカーのじれじれの関係

物語の中心は、エリオットとタッカーのロマンスです。

彼らはFBI時代の事故が原因で喧嘩別れしてしまうのですが、またも事件によって再会します。

最初は二人とも険悪ムードで物語は始まります。なにせ、エリオットが膝に銃弾を受けた時に支えてくれなかったタッカーを憎んでいたからです。

一方タッカーのほうも何やら理由があって、エリオットを事件に関わらせないよう、非協力的な態度を示します。

エリオットは、心の底ではタッカーを想っているはずなのに、どうにも良くない態度をとってしまいます。

しばらくジレジレな関係が続く二人ですが、あるハプニングがきっかけで二人の間がグッと近づきます。その展開がかなり胸熱なので、ぜひ読んでください!

面白さ②作り込まれたミステリ小説

このシリーズの面白いところは、他のMM小説にはない、濃厚なミステリ小説です。

毎回エリオットとタッカーは事件に巻き込まれていくんですが、事件の解決が一筋縄じゃいかない、ややこしい展開になっていきます。

実際にエリオットが探偵役となって推理をするんですが、どんどん謎が深まり、ついにはエリオットがなぜか命を狙われていく展開へとなってきます。

読んでるほうは、「またエリオット狙われてるよ…」と思うかもしれませんが、事件の展開が読めないので毎回ハラハラドキドキさせられます。

おまけ:フェアな関係とは?

このシリーズのタイトルにもあるとおり、「フェア」というワードが物語の軸になります。

主人公のエリオットは、フェアな関係ってどういう状態なんだろう、とシリーズを通して、タッカーとの関係を探っていきます。

相手に依存したくないし、依存されたくもない。
自分の立場を上したくないし、下に見てほしくない

人間関係で一度は絶対考えたことがあるテーマだと思います。

お互いがフェアな関係でいたい、そんな二人の答えが3巻で見れると思います。

まとめ

今回はフェアゲームをご紹介しましたが、いかがでしょうか。

BL小説にはない、人間関係をもう一度考えさせられるシリーズだと思います。

個人的に、ジョシュラニヨン先生の作品中で、このシリーズが一番大好きです。

エリオットとタッカーのじれったい関係が長く見れる点が理由なんですが、私みたいな人は稀かもしれません 笑。

機会があればぜひ、ご一読ください!

【よく小説を読む方へ】おすすめの小説読み放題サービス

サービスの説明

ちなみに、「シャーロック・ホームズ」や「硝子のハンマー」など様々な小説が揃っています。

「Kindle Unlimited」でのおすすめ本については、こちらの記事でご紹介しています。ぜひ参考にしてください。

→2021年Kindle unlimitedのおすすめ小説・ビジネス書・マンガをご紹介!

【作業の片手間に小説を読みたい方へ】おすすめの小説聴き放題サービス

「家事や仕事で、なかなか読書の時間をとれない…」という方には、Amazonの「Audible」をおすすめしています。

小説やビジネス本などを「聴く」ことができ、読書時間を取らなくても作業のときに聞けるのが魅力のサービスです。

しかも、プロのナレーターなので非常に聞きやすいのが特徴です。 私は家事や仕事の片手間によく使っています。

おすすめの聴く読書は、カズオ・イシグロの「わたしを離さないで 」です。

書籍で読んでめちゃくちゃ面白かったのですが、聴くのもまた違った雰囲気で楽しめます。

こちらは「30日間無料+最初の1冊だけ無料」とお得になっていますので、一度使ってみるのをおすすめします。