エラリー・クイーン

「エラリー・クイーン創作の秘密: 往復書簡1947-1950年」が面白すぎた。

「エラリー・クイーン創作の秘密: 往復書簡1947-1950年」/ ジョゼフ・グッドリッチ エラリー・クイーン創作の秘密: 往復書簡1947-1950年 | ジョゼフ・グッドリッチ Amazon 楽天ブックス 「エラリー・クイーン創作の秘密: 往復書簡1947-1950年」は、エラリー・クイーンの著者であるフレデリック・ダネイとマンフレッド・リーの二人がどうやって名作の数々を生み出したのか、その打 […]

「クイーン検察局」を読んでみた|クイーンの4冊目短編集

「クイーン検察局」/ エラリー・クイーン クイーン検察局 | エラリー・クイーン Amazon 楽天ブックス 「クイーン犯罪実験室」は、名探偵エラリー・クイーンシリーズの中短編集4冊目です。 短編18作品詰まってる作品集になっています。 マニアにとっては必ず抑えておきたい短編集ですし、今の所自分のお気に入りの短編集だったりします!どれも良く出来てて面白いんですよ〜 今回はこちらの本の感想を語ってい […]

「クイーン犯罪実験室」を読んでみた|エラリー・クイーンの7冊目の短編集。

「クイーン犯罪実験室」/ エラリー・クイーン クイーン犯罪実験室 | エラリー・クイーン Amazon 楽天ブックス 「クイーン犯罪実験室」は、名探偵エラリー・クイーンシリーズの中短編集7冊目です。 中編1、短編15というラインナップになっています。 マニアにとっては必ず抑えておきたい短編集です。 今回はこちらの本の感想を語っていきます! エラリー・クイーンや国名シリーズの読む順番 ちなみに、エラ […]

「クイーン警視自身の事件」を読んでみた|エラリー・クイーンの父が大活躍する事件。

「クイーン警視自身の事件」/エラリー・クイーンとは クイーン警視自身の事件(番外) | エラリー・クイーン Amazon 「クイーン警視自身の事件」は、名探偵エラリー・クイーンシリーズの番外編です。 名探偵エラリーの父であるリチャードが主人公となって物語が進みます。 エラリーファンからすると、いつものエラリーが登場しないので少し物足りないと思うかもしれませんが、これがかなり面白いミステリーとなって […]

「エラリー・クイーンの冒険」のあらすじと感想|気持ちいいミステリー短編集

「エラリー・クイーンの冒険」/ エラリー・クイーン エラリー・クイーンの冒険(新訳) | エラリー・クイーン Amazon 楽天ブックス この作品は、エラリー・クイーンシリーズに登場する、名探偵エラリー・クイーンの短編集(計11作品)です。 こちらが第1短編集でして、第2短編集は「エラリー・クイーンの新冒険」です。 エラリー・クイーンの新冒険(新訳) | エラリー・クイーン Amazon 楽天ブッ […]

エラリー・クイーンのおすすめランキング10選|初心者も読みやすい名作ミステリー

ぶくお この記事ではエラリー・クイーンの全作品とおすすめ名作を計10作品ご紹介するよ!ぼくはエラリーの大ファンで本当に好きなんだ〜!! 著者エラリー・クイーンとは 著者のエラリー・クイーン(Ellery Queen)とは、フレデリック・ダネイ(Frederic Dannay)とマンフレッド・ベニントン・リー(Manfred Bennington Lee)の二人が作ったあだ名の一つです。 プロットと […]

ドルリー・レーンシリーズ(エラリークイーン)の読む順番をご紹介!「Xの悲劇、Yの悲劇」

ぶくお 今回は「Xの悲劇」などの有名なドルリー・レーンシリーズを紹介するよ!海外でもミステリーとしてとても有名なのでチェックしよう! ドルリー・レーンシリーズ(悲劇4部作)とは Xの悲劇 | エラリー・クイーン Amazon 楽天ブックス 「ドルリー・レーンシリーズ」とは、著者エラリー・クイーン(またの名をバーナビー・ロス)が書いた、元シェイクスピア俳優のドルリー・レーンを探偵役とした全4作品のミ […]

国名シリーズ|探偵エラリークイーンの読む順番とおすすめランキングご紹介!

ぶくお エラリー・クイーン先生の「国名シリーズ」を紹介するよ。パズルを解いてるみたいんでとってもワクワクするミステリーなんだ! 国名シリーズ(探偵エラリー・クイーンシリーズ)とは ローマ帽子の秘密 | エラリー・クイーン Amazon 楽天ブックス 国名シリーズ(探偵エラリー・クイーンシリーズ)とは、著者のエラリー・クイーン(Ellery Queen)が執筆した、同姓同名の名探偵エラリー・クイーン […]