【2023年】面白い本ランキング15選はこちら!

イヴ&ロークシリーズ(J.D.ロバーツ)読む順番一覧|最新刊など情報まとめ

イヴ&ロークシリーズ(J.D.ロバーツ)読む順番一覧|最新刊など情報まとめ

ぶくおくんぶくお
大人気ロマンス小説シリーズ!全部で50巻以上あるから、読み応えがあるよ〜!

イヴ&ロークシリーズとは?

イヴ&ロークシリーズ」とは、著者J.D.ロバーツが書いたロマンス・サスペンス翻訳小説です。

舞台は未来を舞台としたSFで、主人公で刑事のイヴという女性が1巻ごとに事件を解決していきます。
そしてある事件で出会った大富豪のロークという男性と出会い、どんどん関係が深まっていく物語です。

ミステリとしても読み応えあって、恋愛としてもキュンキュンするような作品なので女性の方にとてもおすすめです。

今回はイヴ&ロークシリーズについてご紹介いたします。




イヴ&ロークシリーズの一覧(読む順番)

基本的に順番に読むことおすすめいたします。
このシリーズはイヴとロークのロマンスが中心の話となっていくので、順番に読むとどんどん関係性が深まってきて、周りのサブキャラクターとの関係性も変わってきて面白いです!

※54巻から出版元が変わりましたので、今までのkindleは配信が終了になったようです。(残念…)

No. タイトル 出版年
1 この悪夢が消えるまで 2002
2 雨のなかの待ち人 2003
3 不死の花の香り 2003
4 死にゆく者の微笑 2004
5 魔女が目覚める夕べ 2004
6 復讐は聖母の前で 2004
7 招かれざるサンタクロース 2004
8 白衣の神のつぶやき 2005
9 カサンドラの挑戦 2005
10 ラストシーンは殺意とともに 2005
11 ユダの銀貨が輝く夜 2006
12 春は裏切りの季節 2006
13 薔薇の花びらの上で 2006
14 イヴに捧げた殺人 2007
15 汚れなき守護者の夏 2007
16 弔いのポートレート 2007
17 切り裂きジャックからの手紙 2008
18 あの頃を思い出して 2008
19 報いのときは、はかなく 2008
20 赤いリボンの殺意 2009
21 幼子は悲しみの波間に 2009
22 この邪悪な街にも夜明けが 2009
23 過去からの来訪者 2010
24 母になる冬の死 2011
25 学びの園に葬られ 2011
26 殺しはオペラを聞きながら 2011
27 見知らぬ乗客のように 2012
28 死者のための聖杯 2012
29 冷ややかな血脈 2012
30 残酷なめぐりあい 2013
31 もっとも危険なファンタジー 2013
32 夜の狩人の絆 2014
33 裏切り者の街角 2014
34 悪夢の街ダラスへ 2014
35 偽りの顔たち 2015
36 呪われた使徒のレシピ 2015
37 穢れた方程式 2015
38 パーティーは復讐とともに 2016
39 堕天使たちの聖域 2016
40 冷笑は祝祭の影で 2016
41 孤独な崇拝者 2017
42 紅血の逃避行 2017
43 歪んだ絆の刻印 2017
44 狩人の羅針盤 2018
45 凍てつく夜の戯曲 2018
46 邪悪な死者の誤算 2018
47 死を招く盗作 2019
48 穢れし絆のゲーム 2020
49 差し伸べた手の先に 2020
50 レディ・ジャスティスの裁き 2021
51 死を運ぶ黄金の卵 2021
番外編 死者と交わした盟約 2021
52 闇より来たる使者 2021
53 偽りの信奉者 2021
54 名もなき花の挽歌 2022
55 幼き者の殺人 2023
56 232番目の少女 2023

原書とナンバリングがずれてる?

調べたところによると、18巻からアメリカ版の原書と違って日本のナンバリングが一つずれているそうです。
18巻の「あの頃を思い出して」は、本国だとシリーズのナンバリングに含まれていないのですが、日本ではこの作品を18巻目としています。

原書もお読みになる方はご注意ください。




原書一覧

こちらは直近の原書一覧表になります。
日本版とはナンバリングが+1になっているので、ご注意ください。

No.(アメリカ版の番号) タイトル 出版年
56 Encore in Death 2023
57 Payback in Death 2023
58 Random in Death 2024




イヴ&ロークシリーズの登場人物

いろんなキャラクターがたくさん登場しますが、その中でもメインの二人を紹介します。

主人公のイヴ

女主人公で、ニューヨーク市警察警部補のイヴ・ダラスです。
とにかく身体的・精神的にも強くて、事件解決のためには気が済むまで捜査をし続け、どこまでも犯人を追い続ける力強さを兼ね備えた女性です。

個人的には女性が逆境に抗う姿がとても好きなので、この主人公には感情移入してしまいます。とにかくかっこいい。

ロマンス相手のロークとは、1巻の「この悪夢が消えるまで」で出会います。

主人公のローク

世界的に大富豪なロークです。
性別は男性で、容姿端麗の30代の実業家だということ以外は情報が出回っていない状態です。(詳しくはシリーズを読むと、段々明らかになっていきます。)

主人公のイヴとは1巻の「この悪夢が消えるまで」で出会います。

事件の容疑者として名前が上がっていたロークですが、イヴと初めて出会うなり一目惚れしました。そこから猛アタックしていきます。

しかしイヴは心のガードが固く、ロークに気を許すまで色々とトラブルが起きます。

果たして二人は唯一無二の存在になれるのでしょうか?
二人がどうなっていくかは、ぜひ本編をお読みになってください。間違いなくキュンキュンします。

まとめ

このシリーズは、現在進行形で読破しようとしてるお気に入りの作品の一つです。
1巻目で二人は夫婦になってしまうので、これが50巻以上もどうやって続くのかなと思っていたのですが、これが毎回事件が面白いので読み応えがあります。

読んだことがない方はぜひ読んでみてください!