大衆小説(エンタメ小説)

テスカトリポカ(佐藤究)のあらすじと感想。生きたまま心臓をえぐる凄惨な祝宴

2021年直木賞受賞「テスカトリポカ」佐藤究 テスカトリポカ | 佐藤 究 Amazon 楽天ブックス この作品はクライムノベルと言われる犯罪小説で、麻薬や臓器売買をテーマとしています。 残酷な描写などがありますが、物語の展開も上手くて、思わずのめり込んで読んでしまう作品です。 今回は著者の佐藤究さんの「テスカトリポカ」についてご紹介します。 ※残虐な殺人行為などの描写が含まれますので、苦手な方は […]

真夜中のパン屋さんシリーズ(大沼紀子)の読む順番をご紹介!深夜しか営業しないパン屋の物語

真夜中のパン屋さんシリーズとは 真夜中のパン屋さん 午前0時のレシピ | 大沼 紀子 Amazon 楽天ブックス 「真夜中のパン屋さん」シリーズとは、著者の大沼紀子による「ブランジェリー クレバヤシ」というパン屋に関わる人々の暖かくて切ない物語(全6巻)です。 2017年にシリーズ完結済みで、挿絵は、山中ヒコさんです。 この物語の面白いところは、ただのほんわか物語ではなく、登場人物のほとんどが何か […]

路地裏のほたる食堂シリーズ(大沼紀子)の読む順番をご紹介!優しくて切ない物語

路地裏のほたる食堂シリーズとは 路地裏のほたる食堂 | 大沼 紀子 Amazon 楽天ブックス 「路地裏のほたる食堂」シリーズとは、「真夜中のパン屋さん」シリーズを書いた著者の大沼紀子さんの小説です。 ほたる食堂を営む不器用な店主と、不思議な力を持つ高校生の二人が出会い、いろんな人の悩みを解決したりする日常物語です。 優しい物語なので、ほのぼの系が好きな方にはおすすめです! 今回は路地裏のほたる食 […]

自衛隊三部作「空の中・海の底・塩の街」有川浩|番外編もご紹介!

ぶくお 今回は有川浩の「自衛隊三部作」についてご紹介するよ!ミステリー、そして恋愛要素もあって面白いよ。自衛隊がすごくかっこいいの。 自衛隊三部作とは 自衛隊三部作とは、「塩の街」、「空の中」、「海の底」の三作品を総称して呼びます。 著者は「図書館戦争」で有名な有川 浩(ありかわ ひろ)さんです。 この三作品は全て、陸、空、海の自衛隊が主体となったエンタメ小説なので、自衛隊三部作と呼ばれています。 […]

コーヒーが冷めないうちにシリーズ(川口俊和)の読む順番をご紹介!過去に戻れる喫茶店

「コーヒーが冷めないうちに」とは コーヒーが冷めないうちに | 川口俊和 Amazon 楽天ブックス 小説「コーヒーが冷めないうちに」は、過去に戻れる喫茶店で起きる人々の切ない人間物語です。 元々は、演出家の川口俊和さんが書いた戯曲で、2015年に小説シリーズとして出版されました。 そして2018年に人気女優の有村架純さんが主人公の時田数役として、映画化されました。 この小説は連作短編です。個人的 […]