「Xの悲劇、Yの悲劇」ドルリー・レーンシリーズ|エラリークイーンの読む順番をご紹介!

「Xの悲劇、Yの悲劇」ドルリー・レーンシリーズ|エラリークイーンの読む順番をご紹介!

ドルリー・レーンシリーズとは

ドルリー・レーンシリーズとは、著者エラリー・クイーン(またの名をバーナビー・ロス)が書いた、元シェイクスピア俳優のドルリー・レーンを探偵役とした全4作品のミステリー小説です。

エラリー・クイーンと言えば、一番有名な作品はこのシリーズの1作目「Xの悲劇」です。

初版は1932年に発売されたのですが、その当時は著者の全盛期です。

全盛期らしく、物語のプロットやミステリーのトリックなどがすでに完成されています。

同時期にエラリー・クイーンという著者名で発表した、同姓同名の探偵が活躍する「国名シリーズ」も有名ですが、このシリーズも読み応えがあって大変面白いのでおすすめです。

今回はこちらのシリーズをご紹介します。

国名シリーズが気になった方はこちらでご紹介しています。

→エラリー・クイーン「国名シリーズ」読む順番と一番おすすめの巻をご紹介!



ドルリー・レーンシリーズの登場人物

名探偵のドルリー・レーン

主人公は、元シェークスピアの俳優として活躍していたドルリー・レーンという50代の老人です。

ある時に聴覚が失われたことによって俳優業は引退したのですが、読唇術ができるので普通に人とコミュニケーションを取れます。

泳ぐのが得意で、歳の割には身体つきはがっしりしています。

シェイクスピアを敬愛していて、いつも例え話をする時にシェイクスピアを引用しています。

レーンは他人に成り代わる、つまり変装がかなり得意な人物です。それこそルパンや怪人二十面相らと引けを取らないくらいに、上手く化けます。

助手のクェーシー

ドルリー・レーンの変装に欠かせないのが助手のクェーシーです。
彼は、他人の顔を自在に作れることができます。

かなりの技術を持っている上に、レーンは元俳優なので演技は得意なので他人に成り代わっても誰も気づかないほどです。

シリーズの中でも彼らの変装は大活躍します。

時には、こっそり一般人に化けて容疑者に近づいたり、犯行現場にいったり。彼の動向も見どころです。

ドルリー・レーンシリーズの読む順番

基本的に順番に読むと、レーンの時系列をたどることができるので順番に読むことがおすすめです。

シリーズ全てを読むのが面倒な方は、「Xの悲劇」か「Yの悲劇」のどちらかを試しに読んでみてください。

両方ともミステリ作品として優れていて、最後には驚きの結末が待っています。

「Zの悲劇」と「レーン最後の事件」は、どちらかというとシリーズを読んだ方のほうが楽しめるかな、という作品です。

では以下より詳しくご紹介していきます。

No. タイトル 出版年数
1 Xの悲劇 1932年
2 Yの悲劇 1932年
3 Zの悲劇 1933年
4 レーン最後の事件 1933年



1巻 Xの悲劇

あらすじ

満員電車の中で発生した殺人事件。

被害者のポケットからは、ニコチンの塗られた針が無数に刺さったコルク球が発見された。

群衆ひしめく巨大なニューヨークで続く第2、第3の大胆な殺人にも、目撃者はいない。

この難事件に、聴力を失った元シェイクスピア俳優ドルリー・レーンが挑み、論理的で緻密な謎解きを繰り広げる。

シリーズで一番有名な作品です。

第1の殺人は、株式仲買人のハーリー・ロングストリートが満員電車の中で、ニコチン液に浸した針に刺されて殺されます。

第2の殺人は、フェリーにて、第1の殺人が起こった電車の車掌チャールズ・ウッドが何者かに突き落とされて死亡します。

第3の殺人は、またしても電車の中でハリー・ロングストリートの共同経営者ドウィットが殺されます。その際のドウィットの左の中指は人差し指とねじられていて、その形がXを表していた、というダイイング・メッセージが残されていました。

このXが今作における謎、の部分になるんですが、最初から最後まで夢中になって読んでしまうこと間違いなしです。

最後の謎解きには興奮すると思います。

2巻 Yの悲劇

あらすじ

行方不明を伝えられた富豪ヨーク・ハッターの死体が、ニューヨークの湾口に掲がった。

死因は毒物死で、その後、梅毒遺伝の一族のあいだに、目をおおう惨劇が繰り返される。

名探偵ドルリー・レーンの推理では、有り得ない人物が犯人なのだが……。

個人的にシリーズの中で一番好きな作品なので、シリーズを読むのが面倒な方はYの悲劇から先に読むことをおすすめします。

悪魔の一族と呼ばれたハッター家での悲劇の事件です。

あらすじにもあるとおり、一族全員が梅毒に感染しているため脳や性格などの障害を抱えています。そのため悪魔の一族と恐れられていました。

最初の悲劇は、ハッター一族の長であるヨーク・ハッターが自殺したことから始まります。

そこから、なぜか殺人事件が起こります。

探偵のレーンが調査に乗り出すと、ある日生前にヨーク・ハッターが書いていた推理小説のあらすじを見つけます。

レーンがあらすじを読むと、今までの事件がそのあらすじどおりだったことに気づきます。

一体誰が、推理小説を再現しているのか?

なぜ再現しているのか?

犯人は外部なのか?もしくは、ハッター一族の中の誰かなのか?

何度読んでも最後の衝撃は、絶対に色あせないと思います。

3巻 Zの悲劇

あらすじ

黒い噂がつきまとう州上院議員の刺殺事件。
アルゴンキン刑務所を出所したばかりの元受刑者が逮捕され、死刑判決が下された。
サム元警視の魅力的な娘で鋭い推理の冴えを見せるペーシェンスと、元シェイクスピア俳優ドルリー・レーンは、無実を訴える男を救い、真犯人をあげることができるのか?刑執行へのカウントダウンが始まった!

前回から時間は経ち、ドルリー・レーンはかなり老いています。

探偵役としてはまだまだ現役さを感じますが、今回はシリーズ内で何度か登場しているサム警視の娘ペーシェンスが主体となって活躍します。
この娘が元気いっぱいでかわいいです。

途中でペーシェンスのロマンスもあって、物語も面白いのでおすすめです。

最終巻への序章という感じの巻です。

4巻 レーン最後の事件

あらすじ

サム警部のもとに現われた七色のひげの男が預けていった手紙の謎は?
シェークスピアの古文書をめぐる学者たちの争いは、やがて発展して、美人のペーシェンスを窮地におとし入れ、聾者の名探偵レーンをまきこむ。
謎また謎の不思議な事件続き。失踪した警官の運命は?

ドルリー・レーンのシェイクスピア愛があふれる巻です。ところどころで登場します。
今回もサム警部の娘、ペーシェンスが活躍します。

人によっては、1.2巻の面白さが際立ったために3.4巻は物足りなさを感じるかもしれません。

ですが、この最終巻でまた衝撃を受けます。

アガサクリスティのポアロシリーズ最終巻の、「カーテン」にも通ずるようなお話です。

これにてドルリー・レーンシリーズ終幕。

まとめ

このシリーズはエラリークイーンの全盛期に書かれただけあって、緻密なプロットで作られています。
完成度が高すぎて、ずっと名作である理由がわかります。

翻訳小説はカタカナが多いし、その国の文化が描写されるのでどうにも読みにくいところがありますが、名作はそのデメリットを難なく超えてくるので面白いですね。

ぜひ機会があれば読んでみてください。