江戸川乱歩の作品一覧・シリーズまとめ【日本で初めて探偵を作った作家】

江戸川乱歩の作品一覧・シリーズまとめ【日本で初めて探偵を作った作家】

ぶくおくんぶくお

今回は江戸川乱歩について紹介するよ!怪しげな雰囲気が漂う作品が多いんだけど、つい読んじゃう面白い作品が多いんだ。

江戸川 乱歩(えどがわ らんぽ)とは

江戸川 乱歩(えどがわ らんぽ)とは、1894年〜1965年の日本ミステリー作家です。
彼の代表作として「明智小五郎シリーズ」が上げられ、「D坂の殺人事件」や「黄金仮面」などの作品は今でも多くのファンから読まれています。

作風として明智小五郎シリーズは怪しげで淫靡さを感じる雰囲気が多いのですが、少年探偵団シリーズは冒険ものなのでドラマチックな展開が多めです。

ちなみに、江戸川乱歩を一度も読んだことがない人はまず以下を読んでください。処女作の「二銭銅貨」から始まり一通りの名作を読めます。私もこれから入りました。

今回は、江戸川乱歩の作品やシリーズなどまとめてご紹介いたします。

江戸川乱歩作の名探偵と人気シリーズ

①明智小五郎

探偵の明智小五郎(あけちこごろう)です。

髪形はもじゃもじゃで、事件で興奮すると手でぐしゃぐしゃとかき回す癖があります。ヒョロリと痩せていて、服はいつも木綿の和服を着ています。(服を考えるのが面倒だから)

無類の読書好きで、借りていた住まいにはたくさんの本が置いてあり、足の踏むところがないくらいです。
変装が大得意で、事件の際は犯人を追い詰めるために変装をして敵のアジトに侵入したりしています。

明智小五郎の永遠の敵である怪人二十面相も変装が大得意なんですが、敵と変装で騙しあいの合戦をやっていたりします。

彼の推理手法は、人間の心理を視る手法を使っています。
なぜなら物的証拠などは後付けでも理由が付けられるし、それよりかは人間の心を見たほうが一目瞭然だそうです。ポアロと似ていますね。

シリーズの読む順番については以下の記事を御覧ください。

明智小五郎・少年探偵団シリーズ(江戸川乱歩)の読む順番とおすすめ名作をご紹介! 明智小五郎・少年探偵団シリーズ(江戸川乱歩)の読む順番とおすすめ名作をご紹介!

②少年探偵団の小林芳雄くん

明智の助手をやってる12歳前後の小林くんです。
明智小五郎シリーズでも明智の助手として登場し、何度となく犯人逮捕に活躍しています。

唯一癒されるキャラクターなんですが、小林が主人公の作品(少年探偵団シリーズ)では、明智小五郎に負けないくらいの名推理を披露します。

明智のことは「明智先生」と読んでいて、反対に明智からは「小林くん」と呼ばれています。

シリーズの読む順番については以下の記事を御覧ください。(明智シリーズと同じ記事です)

明智小五郎・少年探偵団シリーズ(江戸川乱歩)の読む順番とおすすめ名作をご紹介! 明智小五郎・少年探偵団シリーズ(江戸川乱歩)の読む順番とおすすめ名作をご紹介!

江戸川乱歩の全作品一覧(約111作品)

江戸川乱歩全集は、江戸川乱歩の全作品を出版順にまとめてある全集です。
順番に読みたい方にはおすすめいたしますが、シリーズごと読みたい方は以下に一覧表が乗ってますのでご覧ください。

明智小五郎・少年探偵団シリーズ(江戸川乱歩)の読む順番とおすすめ名作をご紹介! 明智小五郎・少年探偵団シリーズ(江戸川乱歩)の読む順番とおすすめ名作をご紹介!

江戸川乱歩全集(1〜30巻)

No. タイトル 収録作品
1 江戸川乱歩全集 第1巻 二銭銅貨
一枚の切符
恐ろしき錯誤
二癈人
双生児
D坂の殺人事件
心理試験
黒手組
赤い部屋
日記帳
算盤が恋を語る話
幽霊
盗難
白昼夢
指輪
夢遊病者の死
百面相役者
屋根裏の散歩者
一人二役
疑惑
人間椅子
接吻
2 江戸川乱歩全集 第2巻 闇に蠢く
湖畔亭事件
空気男
パノラマ島綺譚
一寸法師
3 江戸川乱歩全集 第3巻 踊る一寸法師
毒草
覆面の舞踏者
灰神楽
火星の運河
5階の窓
モノグラム
お勢登場
人でなしの恋
鏡地獄
木馬は廻る
空中紳士
陰獣
芋虫
4 江戸川乱歩全集 第4巻 孤島の鬼
5 江戸川乱歩全集 第5巻 押絵と旅する男

蜘蛛男
盲獣
6 江戸川乱歩全集 第6巻 魔術師
吸血鬼
7 江戸川乱歩全集 第7巻 何者
黄金仮面
江川蘭子
白髪鬼
8 江戸川乱歩全集 第8巻 目羅博士の不思議な犯罪
地獄風景
恐怖王

火縄銃
殺人迷路
悪霊
妖虫
9 江戸川乱歩全集 第9巻 黒い虹
黒蜥蜴
人間豹
石榴
10 江戸川乱歩全集 第10巻 怪人二十面相
大暗室
11 江戸川乱歩全集 第11巻 緑衣の鬼
幽霊塔
12 江戸川乱歩全集 第12巻 少年探偵団
妖怪博士
悪魔の紋章
13 江戸川乱歩全集 第13巻 暗黒星
地獄の道化師
幽鬼の塔
大金塊
14 江戸川乱歩全集 第14巻 新宝島
智恵の一太郎
偉大なる夢
15 江戸川乱歩全集 第15巻 青銅の魔人
虎の牙
断崖
三角館の恐怖
16 江戸川乱歩全集 第16巻 透明怪人
怪奇四十面相
宇宙怪人
畸形の天女
女妖
17 江戸川乱歩全集 第17巻 鉄塔の怪人
凶器
悪霊物語
化人幻戯
海底の魔術師
18 江戸川乱歩全集 第18巻 影男
月と手袋
灰色の巨人
黄金の虎
19 江戸川乱歩全集 第19巻 防空壕
大江戸怪物団
十字路
魔法博士
黄金豹
天空の魔人
20 江戸川乱歩全集 第20巻 堀越捜査一課長殿
妖人ゴング
魔法人形
サーカスの怪人
まほうやしき
赤いカブトムシ
21 江戸川乱歩全集 第21巻 妻に失恋した男
秘中の秘
魔王殺人事件
奇面城の秘密
夜光人間
塔上の奇術師
ふしぎな人
かいじん二十めんそう
22 江戸川乱歩全集 第22巻 仮面の恐怖王
電人M
鉄人Q
ぺてん師と空気男
23 江戸川乱歩全集 第23巻 おれは二十面相だ!!
怪人と少年探偵
妖星人R
超人ニコラ
24 江戸川乱歩全集 第24巻 悪人志願
幻影の城主
25 江戸川乱歩全集 第25巻 鬼の言葉
探偵小説十五年
随筆探偵小説
26 江戸川乱歩全集 第26巻 幻影城
城外散策
27 江戸川乱歩全集 第27巻 続・幻影城
28 江戸川乱歩全集 第28巻 探偵小説四十年(上)
29 江戸川乱歩全集 第29巻 探偵小説四十年(下)
30 江戸川乱歩全集 第30巻 わが夢と真実

江戸川乱歩の作品一覧(長編)

No. タイトル 出版年 シリーズ
1 湖畔亭事件 1925 -
2 闇に蠢く 1925 -
3 パノラマ島奇譚 1925 -
4 一寸法師 1927 明智6
5 陰獣 1928 -
6 孤島の鬼 1929 -
7 蜘蛛男 1929 明智7
8 何者 1929 明智8
9 猟奇の果(りょうきのはて) 1930 明智9
10 魔術師 1930 明智10
11 吸血鬼 1930 明智11
12 黄金仮面 1930 明智12
13 白髪鬼 1931 -
14 恐怖王 1931 全集8巻に収録
15 妖虫 1933 -
16 黒蜥蜴(くろとかげ) 1934 明智13
17 人間豹(にんげんひょう) 1934 明智14
18 緑衣の鬼 1936 -
19 大暗室 1936 -
20 怪人二十面相 1936 小林1
21 幽霊塔 1937 -
22 悪魔の紋章 1937 明智15
23 少年探偵団 1937 小林2
24 妖怪博士 1938 小林3
25 幽鬼の塔 1939 -
26 暗黒星 1939 明智16
27 地獄の道化師 1939 明智17
28 新宝島 1940 -
29 大金塊 1949 小林4
30 青銅の魔人 1949 小林5
31 地底の魔術王 1950 小林6
32 透明怪人 1951 小林7
33 三角館の恐怖 1951 -
34 怪奇四十面相 1952 小林8
35 宇宙怪人 1953 小林9
36 鉄塔王国の恐怖 1954 小林10
37 十字路 1955 -
38 化人幻戯(けにんげんぎ) 1955 明智19
39 影男 1955 明智20
40 灰色の巨人 1955 小林11
41 海底の魔術師 1955 小林12
42 黄金豹 1956 小林13
43 魔法博士 1956 小林14
44 魔人ゴング 1957 小林15
45 悪魔人形 1957 小林16
46 サーカスの怪人 1957 小林17
47 奇面城の秘密 1958 小林18
48 夜光人間 1958 小林19
49 塔上の奇術師 1958 小林20
50 鉄人Q 1958 小林21
51 仮面の恐怖王 1959 小林22
52 電人M 1960 小林23
53 二十面相の呪い 1960 小林24
54 空飛ぶ二十面相 1961 小林25
55 黄金の怪獣 1962 小林26

江戸川乱歩の作品一覧(短編・中編)

No. タイトル 出版 シリーズ
1 二銭銅貨 1923 -
2 一枚の切符 1923 -
3 恐ろしき錯誤 1923 -
4 二癈人 1924 -
5 双生児 1924 -
6 日記帳 1924 -
7 算盤が恋を語る話 1924 -
8 赤い部屋 1924 -
9 盗難 1924 -
10 白昼夢 1924 -
11 指環 1924 -
12 夢遊病者の死 1924 -
13 百面相役者 1924 -
14 一人二役 1924 -
15 疑惑 1924 -
16 人間椅子 1924 -
17 接吻 1924 -
18 D坂の殺人事件 1925 明智1
19 心理試験 1925 明智2
20 黒手組 1925 明智3
21 幽霊 1925 明智4
22 屋根裏の散歩者 1925 明智5
23 二人の探偵小説家 1925 -
24 踊る一寸法師 1925 -
25 毒草 1925 -
26 覆面の舞踏者 1925 -
27 灰神楽 1925 -
28 火星の運河 1925 -
29 モノグラム 1925 -
30 お勢登場 1925 -
31 人でなしの恋 1925 -
32 鏡地獄 1925 -
33 木馬は廻る 1925 -
34 芋虫 1929 -
35 押絵と旅する男 1929 -
36 1929 -
37 盲獣 1931 -
38 地獄風景 1931 -
39 目羅博士の不思議な犯罪 1931 -
40 1931 -
41 火縄銃 1932 -
42 悪霊 1933 -
43 石榴 1934 -
44 智恵の一太郎 1942 -
45 偉大なる夢 1943 -
46 断崖 1950 -
47 凶器(兇器とも書く) 1954 明智18
48 月と手袋 1955 明智21
49 防空壕 1955 -
50 天空の魔人 1956 小林
51 堀越捜査一課長殿 1956 -
52 まほうやしき 1957 小林
53 妻に失恋した男 1957 -
54 赤いカブトムシ 1957 小林
55 ぺてん師と空気男 1959 -
56 1960 -

まとめ

実は個人的に江戸川乱歩を読み始めたのは大人になってからで、子供の頃は海外ファンタジーばかり読んでいました。
思えば勿体ないことしてたなーと思ったですが、大人になってから読むほうがむしろ面白いと感じることに気づきます。

現代の小説と比べて、今でも愛されてる江戸川乱歩の作品の良さを大人になって再認識しました。
ぜひ機会があれば御覧ください。