カササギ殺人事件シリーズの読む順番をご紹介|アンソニー・ホロヴィッツ著

カササギ殺人事件シリーズの読む順番をご紹介|アンソニー・ホロヴィッツ著

「カササギ殺人事件シリーズ」とは

「カササギ殺人事件シリーズ」とは、著者のアンソニー・ホロヴィッツが書くミステリシリーズです。(名探偵アティカス・ピュントシリーズとも言われてます)

アガサ・クリスティへのオマージュ・ミステリとも言われていて、随所でポアロなどの名作のオマージュがあったりします。
実は著者のアンソニーは、「名探偵ポワロ」のドラマで脚本を担当していたそうです。

今回はこちらのシリーズをご紹介いたします。

「カササギ殺人事件シリーズ」の読む順番

基本的に、順番に読むことをおすすめします。
ほとんどが上下巻で構成されているので、非常に読み応えがあります!

No. タイトル 出版年
1 カササギ殺人事件 上 2018
1 カササギ殺人事件 下 2018
2 ヨルガオ殺人事件 上 2021
2 ヨルガオ殺人事件 下 2021

アンソニー・ホロヴィッツの別作品

同じ著者で別の人気シリーズ「ホーソーン&ホロヴィッツシリーズ」もあります。以下でご紹介していますので、合わせて御覧ください!
個人的にこちらのほうが好きなシリーズです。

ホーソーン&ホロヴィッツシリーズ(アンソニー・ホロヴィッツ)の読む順番・新刊をご紹介

1巻 カササギ殺人事件(上下)

カササギ殺人事件 上

あらすじ

1955年7月、パイ屋敷の家政婦の葬儀がしめやかにおこなわれた。鍵のかかった屋敷の階段の下で倒れていた彼女は、掃除機のコードに足を引っかけたのか、あるいは……。

その死は小さな村の人々へ徐々に波紋を広げていく。消えた毒薬、謎の訪問者、そして第二の死。病を抱えた名探偵アティカス・ピュントの推理は――。

現代ミステリのトップ・ランナーによる、巨匠アガサ・クリスティへの愛に満ちた完璧なるオマージュ作品!

カササギ殺人事件 下

あらすじ
名探偵アティカス・ピュントのシリーズ最新作『カササギ殺人事件』の原稿を結末部分まで読み進めた編集者のわたしは激怒する。

ミステリを読んでいて、こんなに腹立たしいことってある?いったい何が起きているの?
勤務先の《クローヴァーリーフ・ブックス》の上司に連絡がとれずに憤りを募らせるわたしを待っていたのは、予想もしない事態だった――。

ミステリ界のトップ・ランナーが贈る、全ミステリファンへの最高のプレゼント。夢中になって読むこと間違いなし、これがミステリの面白さの原点!

2巻 ヨルガオ殺人事件(上下)

ヨルガオ殺人事件 上

あらすじ

『カササギ殺人事件』から2年。クレタ島でホテルを経営する元編集者のわたしを、英国から裕福な夫妻が訪ねてくる。

彼らが所有するホテルで8年前に起きた殺人事件の真相をある本で見つけた──そう連絡してきた直後に娘が失踪したというのだ。

その本とは名探偵〈アティカス・ピュント〉シリーズの『愚行の代償』。かつてわたしが編集したミステリだった……。

巨匠クリスティへの完璧なオマージュ作品×英国のホテルで起きた殺人事件。『カササギ殺人事件』の続編にして、至高の犯人当てミステリ登場!

ヨルガオ殺人事件 下

あらすじ
“すぐ目の前にあって――わたしをまっすぐ見つめかえしていたの”名探偵〈アティカス・ピュント〉シリーズの『愚行の代償』を読んだ女性は、ある殺人事件の真相についてそう言い残し、姿を消した。

『愚行の代償』の舞台は1953年の英国の村、事件はホテルを経営するかつての人気女優の殺人。
誰もが怪しい謎に挑むピュントが明かす、驚きの真実とは……。

ピースが次々と組み合わさって、意外な真相が浮かびあがる――そんなミステリの醍醐味を二回も味わえる、ミステリ界のトップランナーによる傑作!

「カササギ殺人事件シリーズ(Magpie Murders)」の原書一覧

このシリーズの原題は「Magpie Murders」です。
原書で読める方は、ぜひ御覧ください。

No. タイトル 出版年
1 Magpie Murders: A Novel 2016
2 Moonflower Murders: A Novel (Magpie Murders Book 2) 2020