→【初回購入すべて70%OFF】DMMブックス

ダリの繭(有栖川有栖)のあらすじと感想|火村英生シリーズ2巻目

ダリの繭(有栖川有栖)のあらすじと感想|火村英生シリーズ2巻目

「ダリの繭」(有栖川有栖)とは

「ダリの繭」とは、1993年に著者の有栖川有栖さんが書いた、名探偵火村シリーズの2巻目です。
今回は長編作で、どちらかといえば映像化したらもっと面白いなと思える人間関係がもつれるミステリーでした。

今回は「ダリの繭」の感想を語っていきたいと思います!

火村英生シリーズについて

火村英生シリーズ(作家アリスシリーズ)の読む順番については以下でご紹介しています。
火村英生シリーズ(作家アリスシリーズ)の読む順番一覧|有栖川有栖の名作ミステリ小説 火村英生シリーズ(作家アリスシリーズ)の読む順番一覧|有栖川有栖の名作ミステリ小説

「ダリの繭」のあらすじと登場人物

あらすじ
幻想を愛し、奇行で知られたシュールレアリスムの巨人―サルバドール・ダリ。
宝飾デザインも手掛けたこの天才の心酔者で知られる宝石チェーン社長が神戸の別邸で殺された。

現代の繭とも言うべきフロートカプセルの中で発見されたその死体は、彼のトレードマークであったダリ髭がない。
そして他にも多くの不可解な点が……!? 

事件解決に立ち上がった推理作家・有栖川有栖と犯罪社会学者・火村英生が難解なメッセージに挑む! ミステリー界の旗手が綴る究極のパズラー。

簡単に説明すると、ダリのファンである事業家の秀一がカプセルの中で亡くなっているのを関係者が発見します。
火村とアリスはその事件を調査し始めるんですが、事件現場のいくつかの謎に苦しめられます。

この作品の見どころは、犯人像が二転三転して最初は全く掴めないところが非常に面白いです。
一体犯人は誰で、どうやってカプセル内の被害者を殺したのでしょうか?

登場人物

火村英生(ひむら ひでお):臨床犯罪学者
有栖川有栖(ありすがわ ありす):火村の友人、推理作家

堂条秀一(どうじょう しゅういち):宝石商の社長。ダリの心酔者で、同じような髭をたくわえている
堂条秀二(どうじょう しゅうじ):宝石商の副社長。秀一の腹違いの弟
吉住訓夫(よしずみ のりお):大手広告代理店の営業。秀一の腹違いの弟

湯川元雄(ゆかわ もとお):宝石商の営業部長

長池伸介(ながいけ しんすけ):宝石商のジュエリーデザイナー

鷺尾優子(さぎお ゆうこ):宝石商の美人秘書

青木知佳(あおき ちか):宝石商の社員

五十嵐耕平(いがらし こうへい):宝石商のマネージャー

野上(のがみ):兵庫県警捜査一課の部長刑事
樺田(かばた):兵庫県警捜査一課の警部

実はドラマも面白い!

臨床犯罪学者・火村英生の推理
引用:臨床犯罪学者・火村英生の推理

ちなみにこの作品はドラマ化もされています。
個人的にめちゃくちゃ面白くて大好きなので、ぜひ見てほしいです!!
Huluなら2週間見放題(無料)なので、無料期間以内に見ることをお勧めします。

「ダリの繭」をドラマで見てみる

「ダリの繭」の感想(少々ネタバレ)

今回も中々面白かったです。
前回と比較して難しい事件でしたが、犯人が全然見えてこなくてぎりぎり動機で察せれた感じでした。犯行も全く予想だにしなかった方面から攻められて、一本とられました。

また、火村とアリスの関係ですが、ちょっと仲良すぎやしません…?著者の有栖川さんは女性ファン層を狙ってるのかな〜と思って少し笑いました。
以下、感想の詳細です。

犯人と動機が全然見えてこない

今作で上手かったのは、登場人物の人間性が全然見えてこなかったところです。
ころころと犯行動機の仮説が変わっていって、目眩しにあってるかのようで面白かったです。

最初は被害者の秀一を殺す動機が遺産目当てだと想像してたんですが、途中に巻き込まれてしまった吉住が繭から出たら秀一が殺されていたなんて事実がわかったため動機が不明となりました。

ワンマン社長だが公平性があり、社員から一つの信用を得てる秀一を殺した動機は何か。

後から考えてみれば、残るは愛憎しかないとわかるんですが、それが理解できたのは秀一が置物を買いに鳥取に向かった事実が明かされてからです。
愛するが故に他人に取られたくなかった自己中心的な一面があった、ということが動機のきっかけでしょう。

最初は被害者が周囲から感情がない人間だと思われていたんですが、きちんとただの人間のように感情があった、ということがある意味盲点でした。

鷺尾優子の存在

ある意味、事件のキーパーソンは”鷺尾優子”だったように思えます。
というか彼女のモテっぷりは異常とも言えるくらいです。

個人的に今作で一番納得いかなかったのは、彼女の存在です。

そもそも事件が始まる前から、秀一と長池が彼女を巡って競っていたことも彼女しか止められなかったわけですから、さっさと答えを出していたら今回の事件は起こらなかったかもしれません。
結果論になってしまうかもしれませんが、彼女も女性らしく”どちらの男を取るか”という打算的な考えがあったと思います。
一人は資産家、もう一人は若さ的な…

火村とアリスの関係

著者としては、この二人をシャーロック&ワトソンの関係に仕立て上げようとしてるのは間違いありません。
火村先生の女性が苦手な設定も相まって、今後ますます二人の中が深くなるような展開なんだろうなと想像します。
個人的には純粋にミステリーを読みたいので、恋愛云々の話が入らないといいなあ。

余談ですが、御手洗&石岡ペアも深い信頼関係を、著者の島田さんが描いています。
それは逆にそうだったんだ〜と受け入れられたのですが、火村とアリスは違うな・・・と思ってしまうのは人物描写の違いでしょうか。

御手洗潔シリーズ(島田荘司)の読む順番とおすすめランキング10選をご紹介! 御手洗潔シリーズ(島田荘司)の読む順番一覧|全30巻の未完結ミステリー

まとめ

改めて、物語やミステリー的にもよくできていて、とても面白かったです!
やっぱり日本が舞台の小説は実家感あるので、安心して読みやすいですね。最近海外小説ばっかりだったのでほっとしました。

まだまだこの続きも読んでいきたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。