ホーソーン&ホロヴィッツシリーズ(アンソニー・ホロヴィッツ)の読む順番・新刊をご紹介

「ホーソーン&ホロヴィッツシリーズ」とは

「ホーソーン&ホロヴィッツシリーズ」とは、小説家のアンソニー・ホロヴィッツが語り手となり、元刑事のホーソーンと共に事件を解決していくミステリシリーズです。

全10冊を予定しているシリーズなんですが、事件とは別に少しずつ探偵役のホーソーンの正体を探っていく物語でもあります。

今最も熱い本格ミステリー小説として注目されているので、ミステリ好きとしては絶対に見逃せない作品となっています。

今回はこちらのシリーズをご紹介いたします。

「ホーソーン&ホロヴィッツシリーズ」の読む順番

基本的に、順番に読むことをおすすめします。
一巻ごとに事件は解決するのですが、謎が多いホーソーンの正体が少しずつ明かされていくので、順番に読んだほうが面白いです。

No. タイトル 出版年
1 メインテーマは殺人 2019
2 その裁きは死 2020

アンソニー・ホロヴィッツの他シリーズについては以下でご紹介しています。
そちらが現在一番人気ですので、合わせて御覧ください。

カササギ殺人事件シリーズの読む順番をご紹介|アンソニー・ホロヴィッツ著 カササギ殺人事件シリーズの読む順番をご紹介|アンソニー・ホロヴィッツ著

1巻 メインテーマは殺人

記念すべき1巻目。かなり本格ミステリーで面白いです。
自宅で殺された裕福な老婦人が、およそ数時間前に葬儀屋で自分の葬儀を予約していました。
老婦人は殺されることを予期していたのでしょうか?という点がポイントになります。

きちんと読者にも謎が解けるように、至るところにヒントが隠されていますので、ぜひ挑戦してみてください。
いやー最後の最後に騙されました…

あらすじや感想はこちら。

メインテーマは殺人(アンソニー・ホロヴィッツ)のあらすじと感想|読み応え抜群の本格ミステリー メインテーマは殺人(アンソニー・ホロヴィッツ)のあらすじと感想|読み応え抜群の本格ミステリー

あらすじ

自らの葬儀の手配をしたまさにその日、資産家の老婦人は絞殺された。

彼女は自分が殺されると知っていたのか? 作家のわたし、アンソニー・ホロヴィッツは、ドラマ『インジャスティス』の脚本執筆で知りあったホーソーンという元刑事から連絡を受ける。

この奇妙な事件を捜査する自分を本にしないかというのだ。かくしてわたしは、きわめて有能だが偏屈な男と行動をともにすることに……。

ワトスン役は著者自身、謎解きの魅力全開の犯人当てミステリ! 7冠制覇『カササギ殺人事件』に並ぶ圧倒的な傑作登場。

2巻 その裁きは死

今回は離婚専門の弁護士が撲殺された事件で、壁には「182」という謎の数字がペンキで書かれていました。

ホーソーンとホロヴィッツは調査を始めるのですが、被害者の弁護士には何人か怪しい人物がいるようで、彼の過去などを探っていきます。

前作を読んだ人なら察しがつくと思いますが、事件の流れがまるで一緒です。
しかし全く違ったミステリに仕上がっており、面白いのでぜひ読んでいただきたいです。

あらすじや感想はこちら。

その裁きは死(アンソニー・ホロヴィッツ)のあらすじと感想|果たして犯人を当てられるか? その裁きは死(アンソニー・ホロヴィッツ)のあらすじと感想|果たして犯人を当てられるか?

あらすじ

実直さが評判の離婚専門の弁護士が殺害された。裁判の相手方だった人気作家が口走った脅しに似た方法で。

現場の壁にはペンキで乱暴に描かれた数字“182”。被害者が殺される直前に残した謎の言葉。

脚本を手がけた『刑事フォイル』の撮影に立ち会っていたわたし、アンソニー・ホロヴィッツは、元刑事の探偵ホーソーンによって、奇妙な事件の捜査にふたたび引きずりこまれて──。

年末ミステリランキングを完全制覇した『メインテーマは殺人』に並ぶ、シリーズ第2弾! 驚嘆確実、完全無比の犯人当てミステリ。

「ホーソーン&ホロヴィッツシリーズ(Hawthorne and Horowitz)」の原書一覧

このシリーズの原題は「Hawthorne and Horowitz」です。
原書で読める方は、ぜひ御覧ください。

原書のほうでは、まだ翻訳されていない3巻が発売されています。

No. タイトル 出版年
1 The Word Is Murder 2017
2 The Sentence is Death 2018
3 A Line to Kill 2021

まとめ

ホロヴィッツ&ホーソーンシリーズは、中々好き嫌いが分かれる作品だと思います。
特にホーソーンが始終嫌味や人に気を使わない感じなので、地味に苦手になるかもしれません。個人的には大好きなキャラですが。

しかし作品としては、現代のホームズ&ワトソンらしくウィットに富んだ会話も含みつつ本格ミステリーとしてよく出来ています。

ぜひ機会があれば、読んでみてください!