→【初回購入すべて70%OFF】DMMブックス

ぼんくらシリーズ(宮部みゆき)の読む順番一覧|全三巻の人情織りなす時代劇

ぼんくらシリーズ(宮部みゆき)の読む順番一覧|全三巻の人情織りなす時代劇

ぼんくらシリーズとは

ぼんくらシリーズとは、著者の宮部みゆきによって書かれた、ぼんくら同心である井筒平四郎が主人公の時代ものミステリー小説です。
非常に面白いシリーズで、時代ものが好きな方には超おすすめします。
ここまで人間の深層心理がリアルに描けるのは宮部さんくらいしかいないと、個人的には思ってます。

今回はぼんくらシリーズをご紹介していきます。

宮部みゆきさんの他作品について

その他人気シリーズは以下でまとめています。こちらもぜひ読んでみてください!
【ファン選書】宮部みゆきのおすすめ小説20選 【ファン激推し】宮部みゆきのおすすめ小説20選|初心者にもおすすめの最高傑作はこれだ! 三島屋変調百物語シリーズ(宮部みゆき)の読む順番やおすすめ5作をご紹介! 三島屋変調百物語シリーズ(宮部みゆき)の読む順番やおすすめ5作をご紹介! 霊験お初シリーズ(宮部みゆき)の読む順番一覧|霊が視える町娘の事件帖 霊験お初シリーズ(宮部みゆき)の読む順番一覧|霊が視える町娘の事件帖 きたきた捕物帖シリーズ(宮部みゆき)の読む順番一覧|ぼんくらファンは必読! きたきた捕物帖シリーズ(宮部みゆき)の読む順番一覧|ぼんくらファンは必読!

ぼんくらシリーズの読む順番は?

このシリーズはできれば順番に読んでほしいです。
キャラクターたちの関係性も面白い要素の一つなので、ぜひ全部読んでみてください!

ちなみにぼんくらシリーズのキャラクターは、以下の「きたきた捕物帖シリーズ」でも登場します。時系列はこちらが未来です!
きたきた捕物帖シリーズ(宮部みゆき)の読む順番一覧|ぼんくらファンは必読! きたきた捕物帖シリーズ(宮部みゆき)の読む順番一覧|ぼんくらファンは必読!

ぼんくらシリーズの読む順番一覧

No. タイトル 出版年 あらすじ
1 ぼんくら(上) 2000 あらすじ
1 ぼんくら(下) 2000 あらすじ
2 日暮らし(上) 2004 あらすじ
2 日暮らし(下) 2004 あらすじ
3 おまえさん(上) 2011 あらすじ
3 おまえさん(下) 2011 あらすじ

ぼんくらシリーズ①
「ぼんくら」

主人公の、町方役人の井筒平四郎(ぼんくらな人)と鉄瓶長屋で起こる大事件の話です。
きっかけは、八百屋の息子が殺され後に長屋の差配人(管理人みたいな人)が失踪し、立て続けに他の家族も失踪してしまいます。

少しずつ明かされていく事実が非常に面白くて、のめり込んで読んでしまうこと間違いないです。
伏線回収がうまいのが、宮部さんの素晴らしいところです。

あらすじ

「殺し屋が来て、兄さんを殺してしまったんです」――江戸・深川の鉄瓶長屋で八百屋の太助が殺された。
その後、評判の良かった差配人が姿を消し、三つの家族も次々と失踪してしまった。

いったい、この長屋には何が起きているのか。ぼんくらな同心・平四郎が動き始めた。著者渾身の長編時代ミステリー。

ぼんくらシリーズ②
「日暮らし」

こちらも上下巻の作品になります。
佐吉の母、葵殺しの下手人を探すため、平四郎と弓之助は調査に乗り出します。

上巻では連作短編が4つ入っていますが、下巻ではその短編全ての伏線を回収して事件の真相が解き明かされます。
本当の事件解決とは何か。人間が織りなす日常がとても面白いのでおすすめです。

あらすじ
十八年前に生き別れた母と子。聞きたいことは山ほどあった。それなのに。

佐吉が人を殺めた疑いで捕らえられた。しかも殺した相手は実の母、葵だという。生き別れた親子に何があったのか。

「この世のことを一人で全部背負(しょ)い込むわけにはいかないんだよ」。

辛くても悲しくても決して消えてなくならない遺恨と嘘。本所深川の同心、平四郎と超美形の甥っ子、弓之助は真実を探り始める。

ぼんくらシリーズ③
「おまえさん」

個人的に一番お気に入りの巻かもしれません。全部面白いのは間違いないのですが。

今回は新薬「王疹膏(おうしんこう)」をめぐって殺人事件が起きます。
今作は今までの話以上に、人間の奥深い心情までを宮部さんが書いていて、読んでいて辛い部分もありますがとても面白いです。

ミステリーというより人情物語のほうが強い作品です。

あらすじ
痒み止めの新薬「王疹膏(おうしんこう)」を売り出していた瓶屋の主人、新兵衛が斬り殺された。

本所深川の同心・平四郎は、将来を嘱望される同心の信之輔と調べに乗り出す。
検分にやってきた八丁堀の変わり者“ご隠居”源右衛門はその斬り口が少し前に見つかった身元不明の亡骸と同じだと断言する。

両者に通じる因縁とは。

まとめ

このシリーズはめちゃくちゃ好きなんですが、続きが一向に出ません。
絶対にこのシリーズは終わってない!と思い込んではいるのですが、最後の巻が出てから10年も経っています。

本当にもう終わりなんでしょうか。また”ぼんくら”な平四郎とかわいい弓之助のタッグが読みたいものです。
宮部さんどうか続きをよろしくお願いします(平伏)